【印刷用レイアウト】

共通メニュー

Vapourtec R series

Vapourtec R series

Vapourtec R seriesとは

Vapourtec社製のフローケミストリーによる試薬合成研究装置です。革新的な数多くの機能を組み合わせて、クラス最高の精度と再現性、より速い反応最適化、再生産可能な即時のスケールアップを提供するプラットフォームを構築しています。このシステムの利点の一つは、上流装置と下流装置の統合が容易にできる設計になっているということです。

R4 + R2

フローケミストリーについて

フローケミストリー (別名:連続ケミストリー) は、従来のバッチ方式と以下のような違いがあります。

  • 試薬を反応容器に一度にすべて投入するのではなく、リアクターに連続的に注入できる。
  • ストイキオメトリーは相対流速によって制御される。
  • 反応時間はリアクター滞留時間によって測定される。

フローケミストリーの利点

  • 迅速で完全な混合が可能
  • 均一で精密な温度制御が可能
  • 加圧によって、溶媒の通常の沸点を超える温度での反応が可能となる
    このスーパーヒーティングによって反応時間を短縮できる (マイクロ波合成と同様)
  • 反応は再現性が高く、またミリグラムからグラムスケールまで、ほとんど又は全く追加設備を必要とせずスケールアップができる
  • 激しい発熱反応をほぼあらゆるスケールで安全に管理可能
  • 多段階反応を連続プロセスで行える
  • 不安定な中間体を発生する多段階反応が必要な場合でも、中間体は微量が一時的に残るだけ
  • フローケミストリーは自動化に最適で、安全に無人運転が行えるため、生産性が向上につながる
  • 加圧リアクターにはヘッドスペースがないため、反応は溶存ガスを使って効率的な昇温により実施する

リアクターの取り外しは用意に行えます

Vapourtec Rシリーズ フローケミストリー システム

Vapourtec Rシリーズ システムは、高性能のモジュール・メゾスケール・システムで、ユーザーのニーズに合わせて拡張できます。

先端研究者および薬剤専門家によって選ばれているRシリーズ・システムは、シンプルで使い易く、必要に応じてシステムの拡張が可能です。また上流装置(R2+ポンプ・モジュール)と下流装置(ヒーター・モジュール)を接続して、完全な自動合成を実現します。

Vapourtec R シリーズ・システム

R シリーズ・システムは、R4リアクター・ヒーター・モジュール (下部) とR2+ポンプ・モジュール (上部) から構成され、場所をとらない積み重ね型となっています。

R4ヒーター・モジュールには以下のような独自の特長があります。

  • 独立した温度調節が行える4つのポジションがあり、それぞれがチューブまたはカラムリアクターに対応
  • リアクターの交換は容易に可能
  • 温度制御は周囲温度から250度まで対応。

革新的な空気加熱/冷却リアクター技術により、以下のことが可能です。

  • リアクター (チューブまたはカラム) 全体で試薬が見える設計
  • 発熱反応をほぼあらゆるスケールで安全に管理
  • 異なる温度設定の間を迅速に移動できるシステム

高温用チューブリアクター

一方、精巧なR2+ポンプ・モジュールは、以下のような特長を提供します。

  • 2つのポンプ・チャンネル (4つまで拡張可能、下記参照)
  • 独自の性能モニタリング・システムが、ポンプ内の一時的または停滞した気泡の存在を警告し、表示した流速が常に正確であることを示している。この技術はVapourtec独自のものである
  • ポンプを通して送液できない試薬のためのサンプル注入ループ設備
  • 漏れや詰まりを自動的に検知するので、安全に無人運転ができる

高温用チューブリアクター

R シリーズ・システム・ソウトウェア

これは、Rシリーズ・システムを完全な自動最適化プラットフォームにできるPCソフトウェアです。

  • 流速、バルブ、ポンプのタイミングをすべて計算でき、実験のセットアップの迅速化ができる
  • 反応セットアップとデータのロギング、レポート、保存、共有が可能
  • 独自の分散計算アルゴリズムを含み、最終的な生成物が定常状態に達する時期 (回収時期) を予測する
  • 最小限の試薬を使用して最大限の生成物を回収できる
  • 即時のスケールアップ:大きいリアクターを選択すると、ソフトウェアがすべてのフローを再計算する
  • ラップトップ型PCとタッチパネルを選択可能
  • 他の外付け機器を追加することができる (下記参照)

フラクションコレクターを追加

フラクションコレクターを使用すると、数種の異なる反応プロセスをプラグラム入力することができ、システムがそれらのプログラムを自動で行います。

  • 反応プロセスは何種類でもプログラム入力できる
  • 数種類の異なるモデルのフラクションコレクターに対応
  • 中間で解析用に少量の分割量を別個に採取できる機能
  • ユーザーは個別の反応ごとに回収する量とバイアルの数を指定できる。

試薬チャンネルを追加

R2+ポンプ・チャンネルを追加 (最大4チャンネルまで) することで、より複雑な反応状況を可能にします。

  • 最大4つまでの別個の試薬を使用可能
  • 多段階反応を実行
  • 選択性を向上させるために部分追加が行える
  • 連続反応のための回収と注入を自動化できる
  • 水溶性の精密検査
  • 触媒カラムの再生処理

オートサンプラーを追加

必要に応じて、各反応サイクルごとに異なる試薬を注入できます。

  • 1回の注入ごとに0.5 〜10mlを最大4つの試薬ループに送液できます
  • オートサンプラーは同時にフラクションコレクターとしても利用が可能。前の反応物を次の反応過程で試薬として使える
  • ライブラリの自動生成
  • 試薬または触媒を選択できる。

Vapourtec社について

Vapourtec社は、英国のケンブリッジ近郊を拠点とするテクノロジー企業です。

当社は長年にわたり、創薬業界向けに世界をリードする実験装置を製造してきた実績を誇ります。

カタログダウンロードへ お問い合せへ

イーストコアのラインアップ

DVS-Advantage1 DVS-IT Intrinsic DVS-HT High-throughput IGC VGI  Lyostat3 Lyotherm Relequa Vapourtec Vapourtec