【印刷用レイアウト】

共通メニュー

SGL

SGL-101 小型造粒装置 

微量の薬剤撹拌および乾燥までを可能にしました。

SGLとは

粉体の顆粒化は製薬工業において高品質な錠剤を製造するのに不可欠な工程で専用の造粒装置により行われている。

薬剤の開発段階では必要以上に大量の原薬を必要とし手動操作により行われてきたが効率が悪く手動による不均一性などが問題となっています。

小型造粒装置は薬剤の開発段階において使用するために開発された微量造粒装置で撹拌および乾燥までを行うことのできる装置です。

温度制御範囲:室温 -90℃

撹拌速度:0-500 rpm

SGLの特徴

  • 小型タイプ造粒装置
  • 設置スペースが小さく卓上設置可能
  • 手動操作で行われていた作業を自動化
  • 開発時間の効率化を実現できる
  • 開発スケジュールの生産性が向上する
  • 手動操作によって発生する不均一性を防ぐことができる
  • 小型タイプのため卓上に複数台設置可能
  • 設置場所の移動が可能

製品問合せについて

詳細につきましては下記方法でお問合せください

1)電話によるお問合せについて

TEL:03-3444-9828までお電話にて製品詳細についてお問合せください。専門の担当が対応いたします

2)メールによるお問合せについて

dvs.igc@eastcore.jp までお問い合わせください

 

下記 問合せフォームよりご記入後、送信してください

お問合せフォーム

カタログダウンロードへ お問い合せへ

イーストコアのラインアップ

Cz t[YhC ^u シxRg[ Co[XEKXN}gOtB