【印刷用レイアウト】

【印刷用レイアウト】

共通メニュー

リオスタット

物質の水蒸気吸着・脱着現象の時間変化測定及び吸着等温線の測定を自動化しました。

DVSは世界中の研究者にその精度、アプリケーションの多様性を認められています。

その結果国際的な学会で水蒸気吸着測定をDVS測定と呼ぶ研究者が増えています。

物質と水蒸気吸着

リオスタット3 フリーズドライ顕微鏡システム

フリーズドライサイクル開発に必要な崩壊温度、溶解温度を迅速に求められます。

リオサーム2 熱分析・インピーダンス同時測定装置

ガラス転移温度、溶解温度測定が1時間で終わります。

動的蒸気吸着の概要

DVSは高精度のマイクロバランスとガスフローコントロール技術により、比類ない精度と再現性を実現しました。

DVSシステムは一定温度に制御されたインキュベーター内で乾燥ガスと水蒸気飽和ガスが混合され正確な相対湿度を生成します。サンプル測定部はリファレンス側と対称をなしており、ガス流による影響を受けません。

DVSは0.1μgという高精度で極微量サンプルの測定を可能にしたため、希少なサンプルの測定を始め、従来の測定法方より非常に迅速な測定が可能になりました。

装置はすべて完全自動化で制御され、データ処理ソフトはWindowsのExcelと連動しています。豊富なデータ解析、物質の各種物性値の自動計算を可能としました。

DVS構造図

イーストコアのラインアップ

DVS-Advantage1 DVS-IT Intrinsic DVS-HT High-throughput IGC VGI  Lyostat3 Lyotherm Relequa Vapourtec Vapourtec