【印刷用レイアウト】

共通メニュー

DVS High Throughput

DVS(Dynamic Vapour Sorption)=動的水蒸気吸着測定装置の利点

  • 全自動測定のため、手間をかけずに湿度の連続可変やステップ可変、連続加湿加温測定が可能。
  • 正確なガスの自動制御で吸着平衡により早く達する。
  • ユーザーが指定した相対湿度(0-98%RH)を乾燥ガスと飽和蒸気ガスの混合により迅速に精製。
  • 大幅な時間短縮(1サンプルにつきおよそ24時間)。
  • 左右対称の高感度マイクロバランスを使用し1μg単位の変化を測定。
  • 重量変化はPCで常にモニターしているので吸着平衡を自動的に感知

DVS High Throughput本体

DVS High Throughput本体

水蒸気吸着測定の基準

DVSは水分と固形物の相互作用を測定する基準として認められ、American USPやEuropean Pharmacopoesia 日本薬局方に掲載されています。

このため世界中の学者の間では水蒸気吸着測定の事をDVS測定と呼んでいます。

DVS HTの特徴

  • DVSHTはカールセルシステムを取り入れ、10検体を並行して測定できます。
  • また、有機溶媒吸着測定システムに加えて、ビデオカメラによるリアルタイムでのサンプルの変化と移行を視覚的に捕えることのできるマイクロスコープシステムも標準装備しています。
  • システムは優れたコントロール性と安全性、先進の情報による分析ソフトウェアと通信システムが統合されています。
  • 複数のサンプル(通常5〜20mg、最大で1g)は、システムが待機モードにある間、オートサンプラーに積まれています。
  • そして、各々のサンプルは常に、高感度のマイクロバランスを使用し重量を測定しています。マイクロバランスとサンプルは、サンプルの一定温度の保持と最適のベースライン安定性を確立するために、別々の温度地帯で維持されています。

10検体並行測定

10検体並行測定

ソフトウェア

測定の進行状況は制御スクリーンで各々のサンプルごとに示されます。

測定中のサンプルの視覚での確認は、自動的に各々のサンプルをビデオ画像処理システムで、記録しており、いつでも確認することができます。測定結果のデータは、Excelを使用した、DVS Analysis Suitesで処理されます。

DVS HT測定例

 

スペック

温度

  • 温度設定範囲 10-70℃
  • 温度精度 ±0.25℃

湿度

  • 湿度設定範囲 0%-98%
  • 湿度精度 ±0.5%

重量

  • 最大測定重量 1000mg
  • 最大測定範囲 150mg
  • 重量測定精度 0.1μg

有機溶媒

  • 有機溶媒設定範囲 0%-97%
  • 有機溶媒測定精度 ±0.6%

サンプルパン

  • 材質 ステンレス
  • サイズ 10mm

ビデオ

  • 形式 PAL
  • サイズ 752×562
  • 解像度 0.013mm

寸法

  • H 76cm ×W 52cm ×D 64cm
  • 90kg
カタログダウンロードへ お問い合せへ

イーストコアのラインアップ

DVS-Advantage1 DVS-IT Intrinsic DVS-HT High-throughput IGC VGI  Lyostat3 Lyotherm Relequa Vapourtec Vapourtec